2017年4月27日木曜日

2Fの床、剛床。

1Fに柱を建てて梁を落とし込んで床組ができました。
その2F床組に24mmの合板を隙間なく梁に緊結して1枚板のようにします。
地震の際に建物のねじれが少なくなり揺れも軽減されます。
このしくみを剛床(ごうしょう)といいます。
2F床組の剛床が完了すると2Fの柱を建てていきます。
1Fの柱3mと違って2Fの柱は4mあります。
大収納空間を創るためです。

0 件のコメント:

コメントを投稿